おれレビュ!

『ダックソウル+』トロコン後感想
 『ファイナルファンタジー7 リメイク』クリア後感想
『Devious Dungeon2』トロコン後感想
 これまでにプレイしたゲーム一覧

『Devious Dungeon2』トロコン後感想


f:id:bonanza24:20200509223538j:plain

この記事のポイント ・クリア(トロコン)まで6~7時間程度

PS4/Vita クロスバイ対応!1,000円以下で買えるお手軽ローグライク!
『Debious Dungeon2』は2019年7月にPSストアでリリースされたローグライクRPGのインディゲームです。クロスバイ対応なので、1本買えばPS4版に加えてVita版も付属しています。もちろんトロフィーも別扱いなので、トロフィー収集が好きな方にはおすすめの1本です。

『Devious Dungeon2』概要

ジャンル アクションゲーム
対応機種 PS4 / PSvita / Switch / Steam
プレイ人数 1人
開発元 Eastasiasoft
発売日 2019年7月5日(木)
クリア時間 6~7時間

システム面【◯】

・ゲームシステムについて

ゲームの流れは「ダンジョンに挑む」→「お金を集める」→「ショップで装備を整える」→「リベンジ」を繰り返すローグライクアクションとなっています。ゲーム開始時に主人公を近距離戦闘が得意なバーバリアン、遠距離戦闘を得意とするメイジ、バランス型のローグ、の3人から選ぶことができます。それぞれのキャラクターには固有のアビリティがあり筆者が選んだローグでは「2段ジャンプ」が使えました。

攻撃方法は1種類だけですが、新しい武器を買うことで少し性能が異なったものに付け替えることができます。(スリップダメージの付与、飛距離が伸びる、攻撃速度があがるなど) ただ、それでも操作出来るアクションの幅が少なく、序盤から終盤まで代わり映えのしないゲーム展開が続くので3時間ほどやると飽きが来ました。

戦闘をうながすシステムとして各マップには「賞金首」という通常より少し強いモンスターが配置されていて、それを倒すことでボーナスがもらえたり、ランダムミッションをこなせばお金を沢山もらえたりと要所要所に工夫が感じられました。

f:id:bonanza24:20200510004055j:plain


・難易度について

本作には難易度選択はありません。難しいと感じたらダンジョンに潜ってお金を集めて装備を整えることで突破していくことになります。

ダンジョンは自動生成されるので挑戦するマップは毎回異なりますが、時間をかけて装備を充実させれば誰でもクリアできる仕様になっているのでそういった意味では簡単な部類になるかと思います。 敵モンスターについても、トリッキーな動きをするタイプがいるものの理不尽な挙動をするモンスターはいない上にそれほどパターンも多くないのでやっているうちにすぐに慣れてしまいます。


バトル設計について【△】

・バトルについて

必要経験値のインフレに取得経験値が追いついていないため、レベルアップするには基本的にステージに隠されたレベリング用のアイテムを探すことになります。 戦闘をする意味がゲームを進めるごとに薄れていくので、終盤では鍵を集めてドアを開けるだけの作業感との闘いになっていました。 攻撃のバリエーションが少なかったので、消費アイテムによる攻撃や回復だったり、MPを使用した魔法攻撃などがあればなお良かったと思います。

f:id:bonanza24:20200509230409j:plain

グラフィック【◯】

・キャラクターグラフィック

可愛らしいデフォルメ調のドット絵で描かれたキャラクター達は敵味方含めどれもデザインがよかったです。 また、装備を変えるたびに主人公のグラフィックが変わる点もこだわりを感じました。

f:id:bonanza24:20200509233839j:plain


・フィールドグラフィック

このゲームは全6エリアで構成されていますが、舞台がダンジョンということもありどこも似たような洞窟っぽい場所ばかりでした。風景のバリエーションの少なさがゲームの単調さと相まって飽きやすくさせていたと感じたので、もし次回作があれば屋外のステージを追加すれば全体的に雰囲気にもメリハリが出来るかと思いました。

f:id:bonanza24:20200510004112j:plain

ローカライズ・その他【◯】

・翻訳に関して

・もともとは海外のゲームですが、翻訳は全般的に高いクオリティでされていました。フォントもドット調のもので違和感ないローカライズだったと思います。 唯一、誤植があったのはアイテム屋の未開放欄が「がり/がり」という謎表記になっていたくらいです。 ただし、拠点でNPCが話すテキストが白色で背景の色も白色だったので文字と背景が同化して非常に見ずらいところもありました。黒い縁をつけたり、メッセージウィンドウがあれば見やすかったと思います。

f:id:bonanza24:20200510004122j:plain

総評【オススメ度:★★★☆☆

こんな人におすすめ ・かわいい系のドット絵やキャラクターが好き
・気軽に遊べるローグライクがやりたい
・家でも外でもサクッと遊べるゲームがいい

販売価格もクロスバイで約900円という点から見れば十分おすすめできるタイトルです。 また、レビューでは「トロフィーの取得設定」には触れませんでしたが、このゲームではクリア=トロコンとなります。 理不尽なやり込みを強要させるようなトロフィーもなかったので、そういった意味でトロファーには楽しみながら最後まで遊べる良作かと思います。 このゲームはナンバリング作品で、前作からの進化した点も多いと聞くので「3」が発売されたらまた遊んでみたいと思いました。


ABOUT -この記事を書いてる人-

Bonanza 

PS4の新作ゲームを中心にジャンルを問わずプレイしています。ゲームイベントコミュニティ「oreRevo」代表を務めています。ファミコンから最新機種まで700本を越えるプレイ経験を元に公平な視点でレビューを書いて行きます。

過去の記事はこちら